40代に突入し、社会的に大人らしい装いを要求されるようになったり、体型の変化を目のあたりにしたりすると、なんとなくおしゃれする気分も萎えてしまうもの。

だけど、本音を言えば少しでもキレイな自分を演出したい……。そんな大人の女性にとってもおすすめなのが、チュニックを上手に使った着こなしです。

今回は、チュニックにパンツを合わせることでおしゃれ見せを叶えるミセスコーデをご紹介します。

1.テーパードパンツコーデ

テーパードパンツでキレイめに着こなすテーパードパンツをご存じでしょうか。

裾に向かって細くなるシルエットのパンツのことです。

一番の特徴は、太ももまわりがゆったりしているのでヒップから足にかけてのラインに安心感があること。

チュニック丈のシャツと合わせれば、お尻をすっぽり丸ごとカバーすることもできます。

おすすめの着こなしは“前だけイン”スタイル。

コーデ全体に抜け感をプラスすることにもなりますし、すっきりした印象になります。

2.スキニーパンツコーデ

スキニーパンツで足を細見えスキニーパンツも、テーパードパンツと同じように裾が細いデザインですが、こちらは太ももまわりも足のラインにフィットしています。

そのため、足が細く見えるという効果はありますが、あまりボディラインをあらわにしたくないという方は、ぜひチュニックを合わせましょう。足を細見えさせるためには、ゆったりしているトップスを合わせるのがベター。

また、太ももまわりをカバーできるように、長めのチュニックをチョイスしましょう。

3.ワイドパンツコーデ

ワイドパンツでリラクシーな大人コーデ幅が広くて履き心地の良いワイドパンツ。

くるぶし丈までの長さでたっぷりとしたシルエットがリラクシーな大人の雰囲気をにじませます。

そんなワイドパンツに合わせるチュニックは、すっきりめのシルエットがおすすめです。

腕がフィットしたラインだったり、ウエストにくびれがあったり、裾に深めのスリットがあるなど、女性らしさを漂わせることができるデザインを選びましょう。

4.レギンスコーデ

レギンスコーデでトレンドの雰囲気に最近のレギンスには、ワッフル地やリブ編みなど、ニュアンスのある生地が使われているので、肉感を拾いすぎず40代でもおしゃれに着こなせるアイテムの一つとなっています。

レギンスとチュニックの着合わせは、いわば鉄板。

どんなチュニックでも合わせやすいのですが、とくにおすすめなのはAラインシルエットのニットチュニック。

レギンスはフルレングスのものを使うと今っぽくキマります。

まとめ:

チュニック×パンツでおしゃれなミセスの着こなしをパンツのシルエットによって、相性のよいチュニックのデザインも異なってきます。

コーデのポイントをしっかりとおさえて、時代遅れな印象になってしまわないように気をつけながら、旬の着こなしを目指しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事