ワンピースは、一着でコーディネートが出来る優れものです。 だからこそ、単調になってしまわないオシャレで個性を演出することが楽しくなります。また、柄や形によって印象を大きく変えることができるのも、工夫し甲斐があるところです。

水玉なのに甘すぎないポイント

水玉柄は、時代や年齢を問わないので、どんな服にも取り入れることが出来ます。 大人のワンピースなら落ち着いた色を選ぶと◎。派手すぎず重すぎない絶妙なバランスが、オシャレ上級者の魅せ技です。 風を味方につけることで、フレアスカートが規則正しく並ぶ水玉を揺らし、固まらないファッションを作ります。

羽織りものによってシーンを使い分けられる

水玉模様を活かすなら、派手すぎない同系色の羽織りものがオススメ!黒で知的な印象を持たせるのも、白で軽やかにおでかけするのも、気分次第で自由自在です。 いつもと少し気分を変えて♪着て楽しむファッショナブルチュニック

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事