この夏、チャレンジしたいチュニック

シルエットがゆったりとしているチュニックは、体に余裕を持たせることができるので風通し良く着られます。   そんなチュニックのメリットを活かすには、風の出入り口が広くなるように着こなすのがおすすめです。   シャツチュニックなら、襟を縦に広げて高さを出してあげると良いでしょう。首長効果で全身を縦長に見せることができます。      
袖は、カフス部分のボタンを外したり捲ったりすると、風を含みやすくなって涼しげな着こなしが可能です。   大人可愛いチュニックも流行っています。袖がフレアになっているものでも、甘すぎないデザインのものを選べば快適かつスマートな雰囲気を演出することができます。      

デザインで涼しさを演出しよう

  夏のチュニックは、体型カバーに秀でているだけではいけません。いかに涼しさを演出できているかも重要なポイントです。   細身効果を狙って黒やネイビーなどのダークカラーを選んでしまいがちですが、ここはあえてマリンカラーを取り入れてみましょう。白は涼しさを演出できる王道カラー。   サックスも爽やかな印象を与えます。     さまざまな色と合わせやすいので、ボトムスに困ることもありません。     また、はっきりした濃い色を取り入れたい場合は、白を差してみましょう。レースで透け感を出したり、ストライプで縦長効果を狙うのも良いでしょう。  

着崩さなくても涼しいのがチュニックのメリット

  若いころは、多少着崩すのがファッションにもなりました。しかし、大人が着崩すと、だらしなく見えてしまうこともしばしば。だからと言って、第一ボタンまでキッチリしめて、シャツはボトムスに入れるような堅苦しい着方も、決してオシャレになるとは限りません。   チュニックは、もともと緩めに着られるように作られたデザインなので、だらしなくなることはありません。   プライベートはもちろん、オフィスカジュアルとしても涼しく着ることができます。   襟元がラフなデザインなら、スカーフやボレロなどで引き締めることもできるので、多様に使いまわせるところが大きなメリットですね。    

シンプルにも重ね着スタイルにも◎レイヤードニット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事