チュニックを安易に着ると、オバサンっぽく見えてしまうリスクも否めません。

若見えのためにはちょっとしたコツが必要です!

“オバサン”っぽくならないチュニックの着こなし方

アクセサリを取り入れたり、羽織りものを工夫したりするのは難しいと考えて、安易に柄物に手を出してしまう人がいます。

しかし、実はそれがオバサンっぽいコーデの原因になることもあります。

50代にもなれば、自分に似合うメイクをきちんとしていることでしょう。

ですから、顔に近い箇所は無理に柄物を選ぶ必要はありません。むしろシンプルで良いのです。

その分、パンツや靴にこだわりを持てば、全体的にバランスのとれたオシャレをすることができます。

若作りせず、若さを諦めもせず老けて見られたくないからと、若々しいデザインのチュニックを選んでしまうのは逆効果です。

痛々しく見えてしまいます。だからと言って、50代はおばさんだからと地味なデザインばかり選んでいたら、見た目年齢を引き上げてしまいます。

シンプルな形で、すとんと落ちるシルエットのチュニックが基本形です。

襟元を引き締めて、鎖骨を見せない方が上品な印象を与えます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事